株式会社トラストホーム│東京都│三鷹市│不動産の売買賃貸仲介│不動産の売買受託販売│不動産の賃貸管理等

 

社員ブログ

 

社員ブログ

社員ブログ
フォーム
 
空が雲一つ無く青い
2021-04-11
綺麗な空ですよ、こんな日はゆっくり・まったりとしたいですね。
 
 
木材の価格が高騰しているようです
2021-04-03
材木の価格が高騰しているようです。なぜ?難しくは分からないのですが、アメリカの住宅事情が好調だそうで、元々日本の材木もあちらのほうからの輸入に頼っていたのですが、木材が無いらしいです!あと、近年、輸送のためのコンテナ船が不足しているとか、なんとか・・・。高騰しているのなら高くても輸入が出来ればいいのですが、木が無いらしい?です。それなら、日本の山には沢山木があるじゃないか!と思ったのですが、どうも、日本の山は険しく重機が入って機械でバッサリ切ったりできる地形が少なく、また日本は林業の衰退により質があまり良くないらしいです。要するに、植樹をしてから管理をして育てていないということです。もちろん、管理をして商品としての材木もあるということですが、高いみたいです。半年後、新築住宅がありません、ってことがなければいいのですが・・・
 
なんだかんだで
2021-01-24
今年は、のんびりと余裕を持った行動をしようと、年始に決めていたのですが・・・
やっぱり、ダメっぽいですね。ですが、今日はもう帰ります。あした、やりますわ。
 
宅建豆知識パート?
2021-01-23
建物を建てる場所には用途地域といって、その場所に似合った建物を建てなさいという決まりがあります。
簡単に言うと、住宅街は1階・2階~3階建てくらいまでの建物なら建ててもいいですよ、駅の近くの店舗があるところは高い建物(ビル)を建ててもいいですよとかです。私が若かったころ(20歳くらいの学生の時ですね)は確か8種類くらいだったのですが、それが12種類になって、最近「田園住宅地域」という用途ができて全部で13種類になりました。厳密にいうと「都市計画区域内で用途地域の指定のない区域」を入れると14種類あるのですが・・・。用途地域は13種類で大丈夫です!
ようするに、自分の土地だからといって、土地の大きさ一杯に建物は建ててはいけないし、何百メートルもある高層ビルを作ってはいけないとか、住宅地の中に作ってはいけない業種の建物とか、逆に住宅を作ってはいけない地域というのがあるのです。
 
 
不動産豆知識の巻
2021-01-17
不動産業者は5人に一人宅地建物取引士がいなくてはなりません!例えば、従業員が7人の会社だったら2人は取引士がいないと不動産業者(会社)が営業できないのです!ほかに、取引士の重要な役割としては、売買契約や賃貸借契約をやる前に、重要事項説明を作成し説明をしなくてはならないのですが、この説明の義務が取引士にあるのです。ちなみに、取引士の免許を与えてくれるのは各都道府県知事ですが、全国で取引士としての仕事はできます。近年は、不動産業者に何年間だか従事している者は5点免除があり、試験の得点に加算されるみたいですが、私の頃は優遇はありませんでした。
029962
株式会社トラストホーム
〒181-0013
東京都三鷹市下連雀3-43-21
TEL.0422-45-1211
FAX.0422-45-0111

────────────
不動産の売買賃貸の仲介業務
不動産の売買の受託販売業務
不動産の賃貸管理業務
建売分譲
リフォーム
相続相談
不動産査定
不動産買取
任意売却
空き家管理
────────────
<<株式会社トラストホーム>> 〒181-0013 東京都三鷹市下連雀3-43-21 TEL:0422-45-1211 FAX:0422-45-0111